ギャンブルの本場であるアメリカ合衆国ネバダ州へ、一度は訪れてみたい方は多いでしょう。

そのラスベガスカジノ 服装は、どんな感じが理想かお伝えします。基本的にラスベガスカジノ 服装では、フォーマルを義務付けるドレスコードはありません。

一昔前ではタキシードやスーツ等、堅苦しい格好が義務図づけられていましたが、今は普段の格好で入場が認められてるから準備は不用。

実際かなりラフなラスベガスカジノ 服装をした人が多く、中には半ズボンやジーパンで入場する人もいます。

むしろあまり堅苦しくない姿を心掛けた方が良いでしょう。基本的にサンダルやジャージ等、極端なラフさがなければ問題ありません。

なお強い冷房が効いており、日本人女性にはかなり肌寒く感じます。寒さが気になる方はさっと羽織れる上着やカーディガンを、持参しておく事がお勧めです。

もし普段着に抵抗があれば、レストランに入れるくらいのカジュアルさを、ラスベガスカジノ 服装の基準にしてみてください。

本当に理解出来ません

  • 投稿日:
  • by

毎年憂鬱だった、夫の実家へ行く新年ご挨拶訪問。これがね、今年はすごく楽しみ。何故かって?

秘密の鍵はね、ラ・ミューテが握ってるんです!優しいお姑さん側に、どうしてあんなに意地悪娘が居るのか、本当に理解出来ません。

いわゆる、小姑的存在。超が付くほど曲者で、いつも肌の事で嫌味を言って来るから、本当にムカツク!

ラ・ミューテで、形勢逆転してやるんだから!覚えてらっしゃい!義理の妹だけど、年齢は私より2つ上。それが、気に食わない様子。

でもそれは、誰のせいでもありません。たまたまってやつだよね。確かに彼女は、すっぴんでも外が歩けるほど美肌をお持ち。

それを自慢したいだけかも知れんけど、「年下なのに、おばあちゃんみたいな乾燥肌よね」何て言われ、傷付かないとでも思ってる?

ラ・ミューテで変わった義理姉を、彼女はどう思う?それでも意地悪を言い続ける?ちょっと、見物よね!だから、帰省にワクワクしてる訳です。

もっと早く使ってれば、今までこれほど辛い思いをせず済んだろう。そう思えば悔しいけど、これから強気に行けちゃう、もう大丈夫!

ラ・ミューテで生まれ変わった嫁を、侮るなよ!

ベレー帽をチョイスする

  • 投稿日:
  • by

この前、仕事が落ち着いたから、街中をブラブラ。

スタバでコーヒーを飲みながら、ボーッと考え事してたら、急にお買い物をしたくなっちゃって、いつもブログの入荷情報をチェックするセレクトショップへ。

先日のお花見パーティーに、ここのオーナー夫婦も来ていた。セレクトアイテムが、シンプルなようでいて結構独特。

メンズもレディースも扱うんだけど、兼用で着られるサイズ展開のやつが多いから、すっごく楽しい。

私は、前々から気にかかるブランドの、ベレー帽を購入。お手頃プライスで可愛い。

オーナーは年下なんだけど、人当たりが優しく、のんびり出来るから好感触。

オリジナルショッピングバッグがあり、次回からこれを持参すると、ポイントが貯まるんだそう。素敵なシステム!

朝シャンは死語以上にマズイ様子

  • 投稿日:
  • by

最近、不眠症かってぐらい眠れません。疲れてるし、眠いけど布団へ入ろうが、寝付くのに大分時間掛かっちゃう。これは何故なんだろう?

本当に不思議でならんし、困るったらありゃしません。毎日起きるの大変ですよ...。体動かねぇ!?って。

夜ちゃんと風呂に入らず、朝シャンで済ませちゃう事もいけないのかしら...。やっぱ湯船へ浸かり、リラックスした方が良い?

んっ、朝シャンは今でも使う言葉?ちょっと疑問に思ったので調べてみたら...朝シャンプーは髪に悪いんだ。成程、だから髪が痛んでるとはね、納得。

やたらとパサパサだから、どうすべき?色んな意味で、止めた方が髪を痛めなさそう。夜は疲れすぎ、面倒になっちゃう。

明日やればいっかと思っちゃう。朝は問答無用で浴びなきゃ駄目、逃げ場無し。